闇金融の見極め方


「お金を借りたいけど、悪徳業者に借りたら怖いことになるし。」とよく聞きますよね。
お金の貸し借りでは、互いの信用問題が一番です。ですから借りる場合には、金融業者選びは必須で慎重にしないといけませんよね。でないと思わぬトラブルに合うことになります。
では、いわゆる闇金融業者というのはどういった特徴があるのでしょうか。お教えしますね。
まず、審査もなく今までや現在の借り入れについても聞かれずに、「はい、いくら要るの。金持って帰って。」と言う状態はあぶないでしょうね。そして、あなたに都合の良いことだけで、貸してくれる会社です。

審査が無いことがある?

普通は、審査が無いということは考えられないので、そのような金融業者には絶対に借りないように注意してください。そして、そのようなところに限って、始めの話と違って少ない金額を高い金利で貸すという会社なのです。その結果あなたは、いつまでも返済に追われて借り続けることになるのです。
その金利をご存知ですか、聞くところによると20%以上というような考えられない高金利を言われる場合もあり、甘い言葉に乗って借りると知らぬ間に泥沼状態の債務者になってしまうことになりますよ。
そういうところは、この業界でも貸金業登録をしていないのです。
まず、貸金業を経営するには、法的な問題があり財務局長か都道府県知事の登録を受けることが必要なんです。そして、3年ごとに更新の手続きをしないといけません。
それによって、営業許可を受け、貸金業登録番号というのが与えられます。それは、はっきりと示めさないと信用問題になりますので、事業所もしくは広告等に明示する義務があるんですよ。
ですから、それがはっきりと示されていないのであれば、闇金融ということになります。でもそこは、敵もさるもので、架空の貸金業登録番号を出しているところもありますからね。調べるのであれば、金融庁のサイトを見ると業者の一覧表で確認できますよ。

ブラックな金融会社とは?

ブラックな金融会社の特徴は、貸金業協会に入っていない点です。
貸金業協会に入らずに営業している会社には、監査等を時期を決めて実施しています。
ですから、たとえ貸金業登録番号が示されていて協会に加入しいてないのであれば、それは闇金融という場合がありますから、気をつけてください。
本当に、ブラックな金融会社は、どんな手段を使ってでもあなたのような借り手を獲得しようとします。ご自分で必要なことは検討してから、お金を借りる会社を決めてくださいね。

専業主婦や学生でもお金を借りれるの?

借りれることもあります。
学生の場合アルバイトで働いていればかなりの高確率でお金を借りられるでしょう。
ただ専業主婦の場合、パートもアルバイトもしていないため借りられないケースがほとんどです。
旦那が連帯保証人になれば借りられる可能性は高まりますが、何も担保がなければ難しいでしょう。
ただ一部のカードローン会社では、専業主婦であっても貸し出してくれることもあるため確認してみることをオススメします。
とくに銀行系カードローンは、年収制限を受けないため無収入であっても合法的に貸してくれます。
専業主婦 カードローン

主婦がお金を借りた場合、家族にバレる?

バレないケースがほとんどです。
自宅に電話がかかってくるのはよほど悪質な滞納をした場合だけだからです。
またアルバイトやパート先にも在籍確認の電話が入りますが、カードローン会社名を名乗らないため、バレることはないでしょう。
ただ専業主婦の場合、自宅への存在確認が入るため、家に誰もいない時間を見計らって審査を申し込むようにするのがベストです。