総量規制対象外の貸付とは

総量規制という言葉を聞いたことがありますか?
これは、貸金業法というのがありその中に2010年6月に成立施行されたものです。

どんなことかと言いますと、消費者金融業者は個人向けの貸付をする場合に、借り入れの総金額が借りる方の年収の3分の1を超えるような金額を貸してはいけないという決まりなのです。それを定めたのが総量規制というものです。ちょっと難しいですよね!それを破ると消費者金融業者は、行政処分の対象となるのです。
さらに細かな取り決めがあって、客に一定の残高がある時には、個人信用情報を定期でチェックして情報の更新を図ったりします。また客の貸付が1社で50万円以上または他社と合わせて100万円以上になると貸金業者は収入証明というものを作成する必要があることを記していますよ。
でも、この法律は全ての金融業者が対象となるかというと違うのです。銀行法に規制される銀行や信用金庫などのカードローン会社は対象外なんです。ですから対象となるのは、消費者金融業社なのです。ということで銀行や信用金庫は、年収の3分の1を超える貸付ができますし、無収入の主婦等に貸付をしているカードローン会社もあるぐらいなのです。銀行や信用金庫で専業主婦が借りられるのは、一般カードローンに比べ低く、最高でも30万円や50万円程度です。また、配偶者の収入証明書や同意書が要りませんので、確認の連絡も無い場合があります。そこで、専業主婦が利用可能な銀行の一般カードローンを夫に内緒で利用していることが多くなってくるのです。