自己破産の経験がある専業主婦でもキャッシングできるか

「自己破産したら、終わりなんでしょう。いろいろなものがシャットアウトになるって聞いたけど。」確かに、様々な面に支障が出るでしょうね。カードローンの審査に通るかどうかも怪しいですよね。
もし、あなたが結婚をして姓が変わっている場合は、たとえ結婚前に自己破産をしていたとしても利用できることもあります。でも状況によりますけどね。
但し、結婚後も個人信用情報でブラックとみなされた人物でしたら、借り入れは無理です。
そのような場合は、3つの信用情報機関が保有する情報というのは共有されますからね。もちろん銀行カードローンの申し込みの時に情報の照会を必ずしますから、あなたの経歴上、自己破産したとなると警戒します。
たとえ、姓が変わっていたとしても申し込みで申告する場合の誕生日や身分証明となる運転免許証の番号で本人確認はすぐできますからね。
「いつまででも、自己破産というレッテルは貼られたままなの?」
いえいえそうではありませんよ。自己破産の場合でしたら免責決定の日から10年程経てば情報としては消去されます。ですから、カードローンの申し込みも可能になります。
あれから、だいぶん時間がたったけど、過去の自己破産の個人信用情報はどうなってるのかな?と思われるのでしたら、以前に自己破産した金融機関で信用情報機関に開示請求手続きをすることができますよ。
秘密のうちに調べたいと思っておられるでしょうね。まず旧姓で、開示手続きをしたことは信用情報機関からカードローン会社に連絡がいくことは無いですね。でも場合によっては、戸籍謄本等のあなたの旧姓を確認できる書類が必要になる場合もあるんです。その場合は、明白になることもあります。それについては、各信用情報機関の公式サイトをみるとわかりますから必ず確認してくださいね。
万が一、まだ自己破産の登録が個人信用情報の中にあるのであれば、残念ですがまず借り入れは不可能です。